雑記

東日本大震災 千葉中心部で被災した体験記

東日本大震災 千葉繁華街で被災した体験記

こんにちは!のっくです
本日は東日本大震災の日、ですね

あれから11年たちましたが、停電復旧した直後にテレビでみた東北の光景に絶句したのはよく覚えています

今日は当日の体験を振り返ります
当時、いろんなところでいろんな人が自分の時間を過ごしていました

私の周囲は幸い大きな被害はありませんでしたが、いろんなことが変わりました
考え方も、行動も

そんな私の「あの日」の記録をまだ覚えているうちに残しておこうと思います

超、長いですがけっこう細かく書いたつもりです。
気になる方どうぞ!


2011年3月11日



2011年3月当時、私はまだ20代後半でした
現在の夫と婚約状態で、結婚式を予定していた年でした

am 平和な時



仕事は派遣スタッフとして働いていましたが
その日はたまたま健康診断でお休み

午前中は健診うけて、午後は有休なのでフリータイム
母と落ち合ってフラフラ買い物する予定でした

実家のある千葉に住んでいたので
午前中に幕張のクリニックで健診を終えました

車で幕張から千葉駅前にある千葉そごうへ

千葉そごうの駐車場はグルグル回って上に上に
ちょっと苦手なグルグル駐車場を上り13階に駐車

そのまま7階だったかな?
グルメフロアへ

昼 震災直前まで



母親と落ち合いランチを食べました

2回くらい行ったことのある
カキフライ定食を食べてすごく満足
あのカキフライ定食おいしかったなあ…

ゆっくり食事して、くだらない話をして、お腹が満たされて、
お店を出たのが14時半

思えばここで起きてたら火元もあるしちょっと怖かった?
そのままフラフラ店内をまわります

あと16分

14時46分 発生



エスカレーターで少しずつ下りながら
ふらっと本屋に入り、付録付き雑誌を親子で眺めていました

付録だけどしっかりしてるね
このトート、使えそうじゃない?

なーんて、母が一冊手にとってみていた時でした

ドンっ!

と縦揺れの地響きのようなものを感じてから
グラグラ激しい横揺れが
と、ともに緊急地震速報が鳴り始め
周りは携帯の速報ですごい音に

速報遅っ!と思ったのもつかの間

本が降ってくる
ココは危ない
けど近くの柱にしがみつくのがやっとでした
母はパニック
なぜか近くにいたおばあちゃんも母につかまり
柱→私→母→おばあちゃん
みたいなつかまり方に

突然の出来事にデパート内のあちこちから悲鳴とモノが倒れる音がしました
コレが怖かったです
マネキンが倒れたり、中華のお店の前のツボが倒れたり

マネキンが倒れた後、揺れでズーズー地を這って動くのかまた怖い
頭の中が追いつかない

デパートって安全なの?
鉄筋だよね、しっかりしてるよね?
この建物、けっこう古くない?
倒壊しない?
大丈夫か!?
でも今ここにしがみつくしかない…

私、今が最期なの…?

店内の緊急放送が流れた
「この建物は安全ですこの建物は安全です」
自動音声なんだけどちょっとホッとする

精神状態パニック
落ち着け私

どれくらい揺れたのか30秒?1分?
すごく長く感じた揺れがおさまった

尋常ではない揺れだったことを頭の中で一生懸命整理しようとする

これは尋常じゃない
今すぐ避難すべきだろう

お父さんは無事?
弟と妹は?
携帯!電話つながらない…
メール!

とりあえず「大丈夫?お母さんと私は無事」と家族へメール
彼氏(現在の夫)にも同様にメール

でも、私はいまこれから、なにからするべき?
どう逃げる?
お母さんも一緒だし


とりあえず本屋から出ようお母さん!

「さっきの雑誌、買ってくる」

いや、買わなくていいし!
見たらレジに並ぶ人々

え、みんなどういう心理状態?
今本、いる?
この揺れのあと、買う?

人の心理状態ってわからない
理解できない
私は普通?
いや、そんなこと考えてる場合じゃない


そんな中、緊急地震速報と2回目の揺れがきた
30分くらいたってた?
さっきほどじゃないけど不安を充分強い揺れ

精神状態は限界
何回揺れるの?
止まるの?
どこが震源なの?
助かるの?


館内放送が流れる
順番に避難するので1階に降りてくれと


お母さんは震えている
パニックになりつつ、震える母を見て私は自分にカツをいれる
怖いけど、お母さんを守るのはいま私しかいない
…しっかりしなきゃ

お母さんを支えつつ止まったエスカレーターを降りて1階に
さっきのおばあちゃんも一緒に

降りたら床やトイレの付近の隅っこにみんななんとなく固まって座ったり立ってたり

こんな揺れ、おそらくみんな初めてだからみんながみんな不安と恐怖で落ち着かない

騒ぐ人は少ない
みんな寡黙

公衆電話を求める人が店員さんに聞いている
公衆電話には列ができてる

携帯はつながらない
変えたばかりの初めてのスマホは使い物にならない
バッテリーが減るばかりでメール専用
彼氏用だったガラケーが使えてる

とりあえず時間がただただ時間が過ぎるのを待つだけの時間

長い

つらい

脱出、そして帰宅



家にどうやって帰ろうか
車は無理だろう
電車は止まってるだろう
歩くのはお母さん連れたままだと厳しい
ホテルとか営業してるのかな
そごうに泊めてもらえるかな
食料はどうしよう
トイレは使えるのかな?

どれくらい時間がたったのか
17時過ぎくらい?に駐車場が解放されるとアナウンスがされる

車はもう無理だと思ってたけど
彼氏とガラケーで話せて
暖もとれるから車を使ったほうがいいと断言される

彼は都内の電車で自身に遭い、都内の自宅まで帰る道を模索中のようだ

精神状態普通じゃないところにズバッと言ってくれる彼の言葉は心強く、車で帰ることに決めて母と駐車場へ

13階までは当然階段
私は頑張れるけどお母さんにはちょっときつい
励ましながらなんとか到着
自販機が動いてたので水を2本買う

車に乗り込んでラジオをつける
宮城、岩手の津波の惨劇が伝えられるけど
頭に入ってこない
壊滅、という言葉が繰り返されるけど音声だけだとイメージができない
ただやっぱり尋常ではない出来事が起きてることだけ理解した

震源地、東北だったんだっけ
あれ?
それで関東この揺れ?
ヤバくない?
日本大丈夫?

駐車場から出るのに1時間くらいかかる

さて、どう帰る?
幹線道路は混むよね
一番東京湾沿いの幕張方面から帰ろうか
たぶんあそこなら空いてる、、かも

そごうのある千葉駅前を出て真っ直ぐ海の方面へ走る
幹線道路は案の定ものすごい混み方してる
よし海沿いいこう

いま思えば危険な判断でした
津波とかまだ危険性がわかってなかった
東京湾で津波が起きていたら私はどうなっていたかわからなかった…

一番海沿いの道に向かう途中、ところどころで車が立ち往生してる
暗くなってきてたのでよく見えてなかったけど道路が一部液状化していて行き詰まった車が数台

え、海沿い大丈夫?
もう引くに引けずにそのまま走る

海沿いの道に到着すると
二車線ある左の海側の車線は半分冠水していました
右側の車線を不安になりながらひたすら走る
たまにやや水たまり状態
怖い

早く帰りたい

車にのって少し落ち着いたお母さんはひたすらしゃべってる
お家は大丈夫かしら飼い猫は大丈夫かしら
ラジオでこう言ってるよ
話してないと落ち着かないのだろう

私は運転に集中
液状化してる道路から目が離せない

冠水が広がってたらどうしよう
突っ込んで車がだめになる
そしたら帰れない
頼むから何もありませんように!

普段1時間もあれば充分帰れる道のり
3時間くらい走って家の近くまできた

お母さんもほっとしてきてる

んん?
空いていたはずの一車線冠水した海沿いの道路
急に混み始める

信号が消えてる…

信号が消えてるので右折車と対向の直進車がタイミングを見計らって譲り合う
事故にならない日本人すごいわ
でも、時間はかかる
信号さまさまだったのね…

私の車もなんとか譲り合って右折してもう少しでおうち!
コンビニが明るい
団地も明るい
明かりがホッとする

ようやく落ち着きながら
家のマンションが見える曲がり角を曲がる

あれ…まっくら!
まっくら!

すぐそこの団地は明かりがついてるのに
我が家のマンションは真っ暗!

時間は21時になったくらい
真っ暗なマンション街はちょっと不気味
マンションの人たちみんなきっといるんだよね…?

真っ暗な駐車場におそるおそる止めて
家に帰る
当然ながらエスカレーターは止まってるのでまた階段

疲れていたけど4階なので上れるレベル
高層階じゃなくて良かった

帰宅後 停電していた我が家



家をあけるとまだ誰も帰っていないようで真っ暗
スマホや携帯の明かりを頼りに懐中電灯を探す
普段使わないからしまい込んでた
出しとかないとダメだね…
学んだ

ようやく懐中電灯つけてラジオをつける
カーラジオでも聞いていたけど東北の状況が延々と流れてくる
画像見てないから全くイメージわかない
壊滅ってどうゆうこと?

布団をだして居間に集める
まだ肌寒い3月だけど暖房もつけられないからみんなで寄り添って寝られるように
弟と妹が帰宅
ホッとする
お父さんは元々泊まりの仕事だったから帰ってこないだろうおそらく

みんなで、それぞれの帰宅時の状況を話しながら眠りについた

余震が続いて怖い
緊急地震速報鳴りすぎてマヒしてきていた

2011年3月12日



朝になって明るくなってホッとしました
でもまだテレビがつかず停電中
相変わらず岩手宮城福島の被害の大きさが伝えられるがラジオだけじゃまるでイメージできず
壊滅ってなんだろう

トイレも流せない
近所の人から公園の水が出るらしいと聞いてバケツでくみにいく
公園さまさま
ご近所さまさま

普段話したこともない人たちと道すがらみんな話す

大丈夫でした?どこかお店あいてます?
ガソリンいれるとこあります?

人と話すとなんて落ち着くのか
仲間意識が芽生えていました

コンビニもほぼしまっているようで
食料調達するすべがない
家にはとりあえず少しはあるけど
いつまでもつのか…

お母さんの知人がうち電気復旧したからおいでと声をかけてくれた
お店をやってるので(閉めてるけど)お店の少し食料分けてくれるらしい
ありがたい…

弟妹おいてお母さんと二人で徒歩10分程の距離を訪問すると
にこにこ迎え入れてくれました
ホッとした


被災後初めてみたテレビの衝撃と電気復旧




そこで衝撃を受けました
被災後初めて目にしたテレビで

津波の被害
飲み込まれた街
積み木やミニカーのように流される家や車
その中にいる人々

絶句…ってこのことを言うのかな
ひどいねとか、他人事のような言葉も出てこなくて、ただテレビに映る映像をくいいるように見つめてしまいました

現実だと思えなくて
でも昨日の自分の経験が現実なんだと思わせてきて
頭が整理できないまま

もらった食材を持ち帰ったのでした

そして昼、ようやく電気復旧
トイレも流れた
冷蔵庫も開けなかったのでナマモノ意外はなんとなりそう

電気ガス水道のライフラインが使えることのありがたみがとてもよくわかったこの2日間
たったの2日間の経験

それでも大変だと思った
でも、実際はもっと大変な地域がヤマほどあったわけで、地震、津波の怖さを思い知りました




…そして、その後は計画停電に振り回されながら、少しずつ日常生活に戻っていく、気持ちの整理はいまいちみんなついてないけど会社に行き、仕事をして、日常に戻っていった、そんな私の震災体験記でした





まとめ その後揃えたもの

私なりに感じた不便さと怖さの対策を直後にとりました
実際に購入したものたちです
ご参考にどうぞ!

準備したこと

防災リュック


とりあえず一式入ってそうな防災リュック購入
→オールマイティそうなものの安心感で15000円くらいのものにしました基本保管なのでリュックはダサくても気にしない

懐中電灯


明るめの懐中電灯3本くらい
→明るさは恐怖を低減すると実感したのでルーメンが高いやつが明るくてよいらしい(夫調べ)


携帯トイレ

トイレに困ったので携帯トイレを購入
→便器にセットするタイプで普段は一部トイレットペーパーと一緒に収納します水なしでよいのがポイント猫砂感覚ですかね…

浄水器

携帯用浄水器購入(アウトドア用のちょっとよさげなやつ購入↓これ震災後売り切れてました)
→とにかく飲水確保

MSR アウトドア キャンプ 浄水器 ミニワークスEX 【日本正規品】 31300

車載コンセント

車にコンセント導入
→非常電源確保!

モバイルバッテリー

やっぱり定番、スマホはできればつないでおきたい、コンセントタイプにもなるANKER製を愛用してます容量5000の方、軽くはないけどこれ必須10000は重そう



Anker PowerCore III Fusion 5000(PD対応 18W USB-C モバイルバッテリー搭載USB充電器 4850mAh) 【PowerIQ 3.0 (Gen2) / PD対応/PSE技術基準適合/コンセント 一体型/折りたたみ式プラグ】 iPhone iPad Android各種対応 (ホワイト)

非常食

非常食のローリングストック開始
→非常食衣装ケース2つ分満タンにした
おかゆとか、カロリーメイトとかお菓子とか、非常食としての非常食だけじゃなくてなるべく普段のお菓子的なものもいれました非常食って美味しくないから…水分のあるサバ缶とかオススメ!コストコの非常食は高カロリーで普通においしい…


変えたこと

通勤をリュック&スニーカーへ


通勤をコンパクトなリュック&スニーカーに変更
→現在は15インチノートPCも入る大きさにアップグレードしました

リュックはフェールラーベンの20Lでスニーカーはリーボックの軽いランニングシューズにしてます人とかぶらなくてお気に入り


REEBOK ZPUMP FUSION PU V62811リーボック ゼットポンプ PU グラヴェル/チェリーGRAVEL/CHERRY

小銭を常備

小銭を持ち歩く癖をつける
→定期入れ&リュックの内ポケットに入れてるクアトロガッツのミニ財布に各1000円分くらい(自販機などに使える)クアトロガッツはお札もキレイに入るコンチャが好きです

お菓子の携帯

カロリーメイト的な食料やお菓子は常に少しもっておきたい、小さめで潰れない溶けない子どもも食べるバランスオンシリーズはリピート中
→私はプロテインバーが主体↓これコスパ最強



思い出した都度また追記していきます!

のっくでした〜

いっと!

アンドロイド好きなアラフォーOL
のっく
ITパスポートと社会福祉士、ヘルパー2級もちのAndroidラバー主婦です。会社では中堅だけど、同僚は年上だらけなのでいつまでも下っ端感覚。プレゼンは苦手だけど教えるのは苦ではなく、ザクッと感がわかりやすいと言われるので、ブログを始めてみることにしました。日々のスマホのつまづきを解決したり、勢いで買ったクロームブックに苦戦してみたり、プロテインやダイエットや育児のこと、気になったコトなど雑多にドンドン記していきますよっ!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA